サイト運営者の飯島裕之ことKunKunです!

 

この記事では、WordPressでWebサイトを円滑に運営する上で必須なおすすめのプラグインを11選としてまとめ、使い方・インストール・設定方法まで初心者さんにもわかりやすく紹介していきます。

WordPressには【プラグイン】という、機能を追加・拡張してくれる小さな外部プログラムが存在しますよね。

例えば…

  • SEO的に有利になるプラグイン
  • アクセス解析ができるプラグイン
  • 記事更新を補助するようなプラグイン
  • スパムコメントを防ぐプラグイン

等、本当に便利なプラグインが存在します。

しかし、種類が多すぎて「一体何を導入するべきなの?」と、迷って混乱しますよね!

便利だからといって、インストールしすぎてしまうと、サイト自体が重くなり、ページの表示速度も落ちてしまいます。テーマ(テンプレート)本来の機能を妨害することにもなってしまったりと、逆効果です。

 

「使うプラグインは選ぶ必要がある」ということですね!

なので、今回はWordPressを円滑に運営する上で必要な、おすすめのプラグイン11個を厳選しました。

使い方・インストール・設定方法まで初心者さんにもわかりやすく紹介していきますね!

 

プラグインのインストール方法

基本的に、プラグインのインストール方法については、全プラグイン共通の手順となります。

以下の記事では、プラグインのインストールの手順ついて解説していますので参考になさってください!

最低限必要なおすすめのプラグイン11選

今回おすすめするプラグインは、サイトを円滑に運営する上で最低限必要となるものを厳選しました。なので、インストール・設定を行ってくださいね!

ここでご紹介するプラグインだけをインストールし、後から必要に応じて追加するようにしてください。

1,Akismet

【Akismet】は、スパム対策として必須。WordPressにデフォルトでインストールされていますが、有効化をしないとスパムコメントまみれになってしまい、せっかく良い記事を書いたとしてもサイト自体の信用が失われてしまいます。

英語表記もあり、設定が難しそうに感じますが、以下の記事を参考の上必ず有効化・設定を行うようにしましょう!

 

2,Broken Link Checker

【Broken Link Checker】は、自分のサイトに貼った外部サイトにリンク切れが発生した際に、いち早く報告してくれるプラグインです。

リンク切れが多いサイトはユーザビリティ(読み手の使いやすさ)が低下するため、SEO的にも不利になってしまうため、こちらも導入必須のプラグインと言えるでしょう。

 

3,Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressのブログ記事のカテゴリー覧は、デフォルト状態だと並び替えができずに何かと不便です。

が、【Category Order and Taxonomy Terms Order】を導入することで、難しい設定もすることなく、記事カテゴリー名の表示順を自由に好みの順番に変更できるようになります。

4,EWWW Image Optimizer

【EWWW Image Optimizer】は、WordPress内にあるすべての画像ファイルのデータサイズを自動で最適なサイズに圧縮することで、サイトの表示速度低下を防いで読者の離脱率を下げることにつながります。

また、「撮影日時」「GPS情報」のような要らない個人情報のデータも自動削除した上でサイトに画像データをアップすることができるので、個人情報を守ることにもつながります。

こちらも導入必須のプラグインと言えるでしょう。

 

5,Google XML Sitemaps

サイトには「サイトマップ」という目次であり地図のようなものが必須になります。

サイトマップの存在は読者からしても信用に繋がる必要事項ですが、Google(検索エンジン)にとっても必須なものなんです!

そんなGoogleのためのサイトマップを自動的に生成してくれるのが【Google XML Sitemaps】です!

本来、手間と労力のかかるサイトマップは全て手動で構築しないとなりません。

が、【Google XML Sitemaps】というプラグインを導入することで、以降更新するたびに自動生成してくれるようになります。このプラグインはインストール後、有効化するだけで機能しますが、サーチコンソールと合わせて設定すると便利なので以下の記事を参考にしてください。

6,PS Auto Sitemap

【PS Auto Sitemap】は読者さんに向けてのサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

建物でいう案内図、書籍でいう目次のようなものですね。

過去にブログ投稿した記事はトップページの新しい記事に埋もれてしまい、読まれる機会が少なくなることもあります。

が、目次となるサイトマップを用意しておくことで過去に書いた古い記事も、新しい記事に埋もれることなくサイトを訪れた読者さんに見つけてもらいやすくなる。つまりユーザビリティ(読み手の使いやすさ)を高めることにつながりますので、必ず導入・設定を行うようにしましょう。

7,PubSubHubbub

【PubSubHubbub】は、書いた記事を、素早く(ほぼリアルタイムで)インデックスしてくれるプラグインです。

ここで言うインデックスというのは…要するに「検索エンジンの検索結果に載ること」ですね。

記事を投稿すると、すぐにインデックスされると思われているフシがありますが、実際にはGoogleがあなたの公開した記事を見つけてくれるまでインデックスされないんですよ!

特に、サイトを立ち上げたばかりの時期なんかは、まだサイトがGoogleに認識されていないことも多くあるので、インデックスされるまでには時間を要するんです。

が、【PubSubHubbub】を導入しておけば、時間を要することなく、極力タイムラグを少なくしてインデックスさせることができるんです!

記事のパクリ対策にも一役買うプラグインですので是非、導入することをおすすめいたします!

 

,Table of Contents Plus

【Table of Contents Plus】は、記事内に目次を自動生成してくれるプラグインです。

目次を作ることでユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)が向上するのはもちろん。

記事の全体像を把握してもらうことで、その先の内容を読み進めてもらいやすくなります。

9,TinyMCE Advanced

【TinyMCE Advanced】は、投稿時の文字装飾などといった記事の編集作業を楽にしてくれます。

投稿フォーム(記事投稿画面)での編集ボタンの種類を増やし、HTMLやタグの知識がない方でも、無料ブログサービスと同じ感覚で簡単に記事を装飾・設定できるようになるんですね。導入しておくとかなり便利ですよ!

10,Contact Form 7

【Contact Form 7】は、あなたのサイトを訪れてくれた読者さんが、あなたに対してお問い合わせを行う際に使用するためのメッセージフォームを簡単に固定ページに設置することができます。

お問い合わせフォームはブログの読者さんとコミュニケーションをとる大切な窓口になりますので、早い段階でWordPressに設置しておくことをおすすめします!

11,UpdraftPlus

【UpdraftPlus】は、サイトデータを手動や自動で簡単にバックアップ・復元を行えます。

データのバックアップには、有料・無料のものなどたくさんありますが、こちらのプラグインは無料でかつ、復元方法も、ダッシュボード内のボタンをクリックするだけで簡単に復元出来る利点があります。なので、システムやパソコン操作に詳しくない初心者さんでも安心して利用することができます!

 

まとめ

ということ今回は、WordPressでサイトを円滑に運営する上で必須なおすすめのプラグイン11選を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか!

プラグインは種類も多すぎて「一体何を導入するべきなの?」と、迷って混乱しますよね!

便利だからといって、インストールしすぎてしまうと

  • サイト自体が重くなり、ページの表示速度も落ちてしまう。
  • テーマ(テンプレート)本来の機能を妨害することにもなってしまう。

と、いったように逆効果になってしまいます。

WordPressを円滑に運営するためにも、今回厳選したおすすめプラグインは、最低限インストール・設定するようにいてくださいね!

 

また、本ブログは無料メールマガジン【ALOHA MINDS通信】も配信しています。
メルマガでは主に、WordPressを活用し「収入を得るための方法」を配信しております!

あなたがインターネットビジネスで収入を得たい!ブログやメルマガで稼ぎたい!Webの知識を活用して収入を増やしたい!という場合は、ぜひ無料メルマガに登録してくださいね!

あなたにメルマガ内でお会いできることを楽しみにしております♪