サイト運営者の飯島裕之ことKunKunです!

 

あなたは、運営しているブログにおいて【プロフィール】記事投稿は既に済んでいますか?

プロフィールというのは「訪問者さんに対して自分のブログの方向性を示す役割」「訪問者さんから共感信頼を得るための窓口の役割」を担う重要な部分でもあります。なので、プロフィールの役割をしっかりと意識した上で入念に書いていく必要があるんですね!

プロフィール記事を通じて、読み手にあなたの意図をしっかりと届け伝えることで、読み手からの共感と信頼を得られる。そして、はじめてあなたのファンになってくださり、次回のブログ更新を楽しみにしてくれる存在となるわけです。

 

ということで、今回はブログにおけるプロフィールについて。
必要性や書き方についてお伝えしていきます!

 

悪い例から見る、正しいプロフィールの必要性

ブログにおける【プロフィール】とは、これからあなたの発信した情報(記事)を読んでくれようとしている相手に対して「このブログを見た上で何を得られるのか?どうなれるのか?」を表明する手段の一つです。

が、もしかするとあなたのプロフィールはこんな風になっていませんか?

飯島裕之と申します。

平日は会社の営業マンとして勤めせっせと働きながらも、こうしてブログを書いたりしてネットビジネスに取り組んでいます!

趣味が食べ歩きなので、休日はよく色んな場所に旅に出かけ、各地のグルメを堪能しています。休日に好きなものを食べるとやる気も起きて、ビジネスも捗るんですよ!

これから本ブログにて、僕がやっている様々な情報をお伝えしていきますので今後もブログのチェックをよろしくお願いします。

 

もし上記のようなプロフィールの書き方をしていたら…それ、読者さんに読まれない可能性が高いんです!

 

そもそも、あなたのブログにたどり着いた人というのは、『元々既にあなたのことを認知している人』という場合もありますが、基本的には『あなたがブログ記事で情報発信したノウハウを求めてネットを介して記事にたどり着く人』であるはずなんですよね!

なので、読んでくれる方が元々のファンであるか、あなたが有名人でもない限りあなたの経歴やプライベートに基本的には興味ないんです!つまり、自己紹介をダラダラと書いても読者さんにとってはどうでもいい情報を押し付けられていることになってしまうのでページやブログ自体から離脱されてしまう!ということになりかねません。

 

要するに読者さんは、あなたの自己紹介やプライベートよりも「自分が何を得られるのか?」をすぐに知りたいんです。

例えば、あなたがネットで調べものをする際にネット検索する場合もそうですよね?!アクセスした先の記事の知りたかった情報に興味はあっても、この時点で記事の作成者のプライベートに興味はありませんよね?

 

ですから、まず相手のメリット・ベネフィットを…つまりは

  • どのような人に対して何を与えるための?
  • どういった情報を配信するためのブログであるか?

ということをプロフィールに飛んできてくれた方に伝える必要があるんです。そのためにも、あなたのブログには上記の情報を組み込んだ正しい「プロフィール」を設置するようにしましょう!

 

具体的なプロフィールの書き方

プロフィール記事の内容としては、

  • どのような人に対して何を与えるための?
  • どういった情報を配信するためのブログであるか?

といった相手のメリット・ベネフィットを伝えることが重要である!ということをお伝えしましたが、「では読み手に対してメリットやベネフィットを伝わりやすくプロフィールを書くにはどのように書けばいいんだ?」と感じたと思います。

 

なので、ここからは『プロフィール記事を書く際に入れ込むべき7つの構成要素』として以下の

  1. 冒頭挨拶
  2. 略歴・実績
  3. 誰に何を伝えたいブログなのか
  4. あなたが取り組んでいること
  5. あなたの想いとその想いに至った経緯
  6. プロフィール記事でお伝えした事を再度簡潔にまとめる
  7. メルマガを配信している場合は登録を促す

という重要項目を書き記す順番に1〜7まで解説します。

僕の実際のプロフィール記事を都度事例に挙げながらお伝えしていきますね!

 

1,冒頭挨拶

「はじめまして!〜〜と申します!」という感じで、まずはしっかりとあなたの名乗りを書きましょう。

その後に「本記事では略歴・実績・ブログを通してあなたに伝えたいことを記載させていただきます。」といったように『この自己紹介記事を通じて、あなたに伝えたいことがあるんだよ!』ということを提示しましょう!

プロフィール記事の掴みとなる【冒頭挨拶】に手を抜き、”この記事でお伝えすること”を伝えずに端折り、ツラツラと文章が進んでしまうと、読み手は「結局このプロフィール記事は何を言いたいの?」と思われてしまい離脱されてしまいます。

なので、しっかりと名乗りを忘れず、記事で伝えたい内容を完結に表明するようにしましょう!

 

※以下は僕のプロフィール記事での【冒頭挨拶】事例になります。

はじめまして、Aloha Mindsの飯島裕之です。

この度は「家族協力でビジネスに取り組み結果を最大化する!好きなことやなりたい未来があるあなたに贈る夫婦ブログ」へ訪問していただきありがとうございます。

本記事では僕の略歴・実績・ブログを通してあなたに伝えたいことを記載させていただきます。

 

2,略歴・実績

次に書くべきは【略歴・実績】です。

略歴は自分自身の経歴を数行でまとめたものとなります。主に伝える事としては下記のように

  • 生年月日
  • 出身地
  • 職業
  • 肩書き

といった部分ですね!略歴を書くことで、あなたが「どのような人なのか?」を伝えることで読み手に安心感を与えることにも繋がります。

また、あなたに何かしら実績がある場合は「〜〜といった実績があります」という感じで提示しましょう。新たに実績を積み重ねたら、略歴を更新するといいですね!

また、実績や略歴は『テーブル機能』を使って編集することで表としてまとめてあげると、読者にとっては見やすくて助かりますよ。

 

※以下は僕のプロフィール記事での【略歴・実績】事例になります。

 

 

3,誰に何を伝えたいブログなのか

次は、「このブログでは◯◯な方に、△△についてお伝えしていきます」といった感じで、あなたがブログを通じて読み手に対して「誰に何を伝えたい(どうなってほしい)ためのブログなのか」を明確に提示しましょう。

また、自分のブログは「誰にどうなってほしいブログなのか?」がまだ決まっていない!という場合は、以下の記事を参考に「ターゲット・コンセプトの設定」を行ってくださいね!

 

BackGround(バックグラウンド)
BackGround(バックグラウンド)
https://bcground.com/wordpress/target/
表現者の認知拡大と売上アップをサポートします

 

※以下は僕のプロフィール記事での【誰に何を伝えたいブログなのか】の事例になります。

本サイト《BackGround》は主に

「技術や作品に自信はあるのに、食っていける程には出来ず悩んでいる表現者の方」

…具体的には以下のような

  • ダンサー
  • デザイナー
  • 音楽家
  • 写真家
  • 美容師
  • etc…

といった方の、作品・技術を、現状より更に多くの人に認知・使用してもらう。そうすることで売上をあげてもいたい。

そのために最適な手段として、

画一的ではなく、表現者であるあなたに合った「Webプロモーション」をご提案しております。

 

 

4,あなたが取り組んでいること

次は、「私は〜〜という事に取り組んでおります」といったように、自分が取り組んでいる事の詳細を、しっかりと提示します。

また、ここでいう【あなたが取り組んでいること】とは、あなたのブログで発信するテーマと関係のあるものにしましょう!

ブログで発信するテーマとは無関係なことを書いても読者が混乱してしまうだけですからね!

 

※以下は僕のプロフィール記事での【あなたが取り組んでいること】の事例になります。

2016年の12月、サラリーマンとして会社に勤めながらも個人で稼ぐスキルを身につけるため、知識・経験・実績0からインターネットビジネス(ブログメルマガ・アフィリエイト)に参入。

開始1年で会社員としての給料超えを果たし、Webからの収入基盤を確立。

製作・監修の電子書籍(e-Book)が優秀賞受賞、人気アフィリエイト教材の講師就任、情報発信/物販セミナーの登壇など、主に個人を相手にしたコンサルタントとして瞬く間に頭角を表す。

 

5,あなたの想いとその想いに至った経緯

次に、「なぜこうした◯◯な情報を発信するかというと私には□□といった想いがあるからです」のように、読み手に対してなぜ情報発信するのか?の想いの部分を伝えましょう!

また、あなたの想いと同時に「なぜその想いに至ったのか?」の経緯を赤裸々に伝える必要があります。

そうすることであなたの発信する想いに説得力が増します。

難しい部分ではありますが、しっかり洗い出して想いを乗せて書くことで、読み手に響き、共感を得ることでファンになって頂ける可能性が高まるのです。

 

※以下は僕のプロフィール記事での【あなたの想いとその想いに至った経緯】の事例になります。

僕は「サービス・技術に信念を持った表現者さんにこそ、正しいセルフプロデュース方法を1度しっかりと身につけてほしい。そのための手段としてインターネットで商品を販売する力を…いわゆるWebマーケティングを取り入れてほしい」という想いを持っています。

 

なぜなら、当時日の目を見ることがなかった僕自身も。そして僕の周りの仲間を見てきた中でも

世の中には「まだ表に出ていない」「有名になっていない」「目に触れる機会がない」けれど、良い商品・サービス・作品がわんさか存在することを知っているから。

 

 

 

6,プロフィール記事でお伝えした事を再度簡潔にまとめる

最後に、「そのためにも、本ブログでは〜〜をお伝えし、〜〜という未来を目指していただきます!今後の記事の更新を楽しみにしていてください」といったように、改めて「ブログを通して伝えたい事」と「どうなって欲しいブログなのか」をまとめた上で提示しましょう。

 

※以下は僕のプロフィール記事での【プロフィール記事でお伝えした事を再度簡潔にまとめる】の事例になります。

だからこそあなたには、自分自身を正しくプロモーションする方法を1度しっかりと身につけてほしい!

そうする事で、あなたの素晴らしい技術・商品をもっと多くの人に広めていきたい!

 

これこそが元クリエイターで現Webマーケッターである私・BackGround 飯島裕之の切なる想いです。

 

7,メルマガを配信している場合は登録を促す

また、メルマガを配信してる場合は、末尾にメルマガの登録ページへのリンクを設置して「メルマガも配信してるのでよかったら登録してみてください!」といったように、メルマガに誘導することを積極的に行っていきましょう。

そうすることで、より一層濃い読者さんになってくれる可能性が高まります!

 

 

以上、7点がプロフィール記事を書く際に入れ込むべき構成要素となります。

 

投稿したプロフィールページをサイドバーに設置する方法

あくまでも任意ではありますが…WordPressにおいてプロフィール記事の投稿が完了したら、そのプロフィールページのリンクはサイドバーに設置することをおすすめします。

なぜなら、通常の投稿をしたままだと、新しい記事を投稿した際に公開した順に流れて行ってしまうからです。トップページには常に新しい記事が表示され古い記事は見つけにくくなってしまうんです。

が、投稿したプロフィール記事のリンクを、常に閲覧できる場所である【サイドバー】に設置することで、読み手がいつでもアクセスし運営者のプロフィールを閲覧できるようになります。

常に目が届く場所にあなたのプロフィール情報を置いておくことで、読み手に対して更に共感や信用を与えることにも繋がり、ファンになってくれる可能性も高まります!ブログを定期的に読んでくださるファンというのはとても貴重な存在ですからね。
なので、以下の記事を参考の上、サイドバーに簡易的なプロフィールを設置することで、いつでもプロフィール投稿記事にアクセスできるようにしておきましょう!

 

BackGround(バックグラウンド)
BackGround(バックグラウンド)
https://bcground.com/wordpress/profile-sidebar/
表現者の認知拡大と売上アップをサポートします

 

 

まとめ

ということでいかがでしたでしょうか!

今回は、ブログにおけるプロフィール記事では「どのような人に対して何を与えるための?」「どういった情報を配信するためのブログであるか?」といった相手のメリット・ベネフィットを伝えることが重要である!ということをお伝えしました。

その上で、具体的なプロフィールの構成要素として7つ

 

  • 冒頭挨拶
  • 略歴・実績
  • 誰に何を伝えたいブログなのか
  • あなたが取り組んでいること
  • あなたの想いとその想いに至った経緯
  • プロフィール記事でお伝えした事を再度簡潔にまとめる
  • メルマガを配信している場合は登録を促す

という項目についても解説しました。

今回お伝えした手順に沿ってプロフィールを書くことで、読み手にどうなれるのか?を伝えつつ、自分のこともしっかり伝えることができるプロフィールを作成してくださいね!